屋上庭園

 今日もほんとに良い天気でした。

雨上がりの快晴は、何より新緑を美しく魅せます。

今日は光華女子大学、学園内サークル「グリーンキーバー」のご依頼で
屋上庭園の管理のお手伝いに行って参りました。

京都市内の大学で、これだけの規模の屋上庭園は珍しく、
学生さんの中では憩いの場として使用されていることや、エコの面からも
大きな影響があると聞いています。

この庭園の管理は植木については、植木職人により管理されていますが
基本的な管理は、グリーンキーバーの方がされています。

庭が完成してから何年か経ち、やはり庭の状態は変わっていきます。

屋上庭園は、コンクリートの大きな鉢の中に造られた盆栽のようなものです。
だから地上の大地に植えられているのと違い、環境的には大変厳しい状況の中育っています。

だからこそ管理はとても難しく・・・いや難しいと言うよりも労力が人一倍必要であると
言った方がいいのかもしれません。

そんな中、今日一番目立ったのが雑草でした。
今日は天気も良く絶好の草引き日和の中、みなさん本当にお疲れ様でした!



作業状況の写真です。

街のど真ん中でしかも屋上・・・ここにも雑草の種はどんどん進出してきます。
庭の中で一番強い植物は、全ての環境が合っている雑草です。

その環境を残していきたい草花の環境により近くしてあげることが一番大切です。
それには日光の調整をしたり、水はけの改善をしたり・・・。
あとは草引きですね。

一番大切なことは、どんなかたちでもいいので少しだけでも庭と、
自然と触れ合うことです。
草引きも水やりも・・・ほんとに手間が掛かりますが
植物はその苦労以上のものを必ず返してくれます。

学生さんの中にはデザインを勉強されている人もいらっしゃるようで、
デザインは色々な分野に分かれますが、私も同じように庭の設計やデザインを
行っています。
もちろん!本や話を聞く事、直接学ぶことは大切ですが
自然から学ぶことはほんとに多く、その要素は無限大であり
そして一番大切な感性を磨いてくれます。
これはどんなデザインを行う場合でも共通だと私は思います。

学生のみなさん!
今後とも植物や自然と触れ合って心豊かに
学んでいって頂ける事を心より望んでいます。

先生でもないのに偉そうなことを言ってしまいましたこと
お許し下さい。

でもまた機会があれば訪れたいと願っています。



関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:33 最後に更新した日:2012/06/19

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM