野趣・・・リョウブの花

 台風も過ぎて、大きな被害もなくほっとしています。

今私達は庭木管理の真っ最中です。

剪定作業を主に行っています。

今植物は季節の中で成長のピークを迎えています。

今年は梅雨にしっかりとした雨を頂いた影響もあるのか、
とても成長が良いように思えます。

今剪定の依頼をされる方は、お盆までに綺麗な状態にしたい方と
年間に2回剪定作業を依頼される方です。

今剪定を行いますと、秋にはまだ少し成長する木が多く
本来は多少の剪定作業が年内にもう一度必要となります。

既存のお客様、そして新規のお客様とスケジュールを組むのが
大変な作業で、うちの番頭も一苦労です。
忙しいからと言って、いい加減な仕事をすることも出来ませんし
しかしながら時間は限られています。

忙しい中ではありますが、ひとつひとつ手を抜く事のない
京都庭師の名に恥じない技術を持って作業に打ち込んで参ります。

さて、お盆と言えばお墓参り。
昨日もお墓の草刈りに行って参りました。

山と隣接している墓地霊園ですが、
そこで見つけた花をご紹介します。

私も好きな植木…雑木の仲間ですが、リョウブと言います。
野趣の雰囲気を創ってくれる木のひとつだと思います。
雑木の特徴と言えるかもしれませんが、
環境にはとてもデリケートな種類で
庭の中で使うには難しい木の種類の一つではないかと思います。

そのリョウブの花がとても美しく咲いていましたので
思わずカメラを向けてしまいました。



カメラではお伝えできない大きな魅力があります。
それは、雑木であるリョウブの葉や枝…花が風にそよいでいること。

画像で伝えられない事がとても残念です。



関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:33 最後に更新した日:2012/06/19

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM